オンラインデータベース機能で営業を情報支援|顧客事例・サービス活用事例|fitコール - インターネットサービス サポートサイト|株式会社フォーバルテレコム
本文へジャンプ

顧客事例・サービス活用事例

トップページの中の サービス案内の中の 顧客事例・サービス活用事例の中の オンラインデータベース機能で営業を情報支援

顧客事例・サービス活用事例

オンラインデータベース機能で営業を情報支援

ウェブサイトによる情報発信は不特定多数を対象にしているとは限りません。特に非公開にする必要がなければ、内部向けの情報や、特定の取引先、あるいは製品を購入済みの顧客だけが必要とする情報を配布することも可能です。製品カタログやマニュアルをオンライン化すれば、販促だけでなく、サポート、営業支援の効果も期待できるでしょう。ただし、本格的なデータベースシステムを構築するには、SQLデータベースサーバーへの対応が必要です。

ホームページのデータベース対応

HTML文書は、一種のテキスト・データベースだともいえます。そのため、文書の整理や管理には向いていますが、多量の数値や大きな表のようなデータを効率的に扱うのには向きません。こういった情報については、データの管理はデータベースソフトが行い、ユーザーインタフェイスだけブラウザが担当するといった分業が便利です。

データベースを活用したサイトの例
  • ウェブサイトのアンケートで収集した顧客情報を即座に検索して営業活動に活用
  • 中古バイクの販売店が、条件検索できる在庫データベースでECを実現
  • ホームページや携帯電話から利用できる診察予約システムが好評
【ポイント】 ウェブサイトもデータとシステムを分離して考える時代へ

HTMLは多量のデータを効率よく検索し、リアルタイムで更新するのには向いていません。データベース機能対応の共用サーバーなら、利用者のブラウザとやりとりする部分(ビジネスロジック)と、バックエンド(データ格納部分)を分離することができます。

【ポイント】 既存のデータベース資源をそのままウェブサイトへ

ウェブ上でデータベースを利用する場合、すでに情報がデータベース化されていれば、そのまま利用することも可能です。fitCLUSTAが提供する「DBマネージャ」や「PostgreSQL」はどちらも業界スタンダード。いままでのリソースをムダにしません。

【応用】 パスワードを使ってページごとに利用者をアクセス制限

ホスティングなら、サーバーのユーザー認証機能を使って、利用者をアクセス制限することができます。どこからでもアクセスできるインターネットの手軽さは活かしたまま、部外者にはアクセスできないページ、ファイルを設定することで、利用できる情報の幅が広がります。

関連サービス

このページの上部へ